• acoco

大量消費を真剣に考える"Rename"という選択肢


刺繍でアクセサリーを制作している立場として、頭のどこかで常に意識しておきたいことがあります。

そのひとつが「物の大量廃棄問題」だと思っています。



衣服でいうと、年間28億点が市場に出て、そのうちの半分が新品のまま焼却処分されているというショッキングなニュースが放送されたことがあります。

かの有名なブランド・バーバリーでは、売れ残った商品が転売されないようにと42億円相当の商品を全て焼却処分していたことが公になり、大変な批判にさらされたのも記憶に新しいです。



La Broderie Chante(ラ・ブロドリーシャント)でも、小さいブランドながらも、常にこの問題にはアンテナを張っておきたいと持っていて、そんな時にとあるブランドの存在を知りました。



それが"Rename"というブランドです。



Rename(リネーム)は、アパレルで大量に残ってしまい廃棄になる在庫を全て買い取り、ブランドタグや洗濯表示タグを全て付け替えてお手頃価格で販売し直すというブランドです。


アパレル業界で自社のブランドイメージを損ねないために、売れ残ってしまっても大幅値下げができなかったり、いつまでも売り続けるということができないために大量の廃棄が生まれてしまうという問題がありました。

そんな課題に着目したのがこのサービスで、「Rename」をブランド名を変えてしまうことで元のアパレルブランドのイメージを損ねないままお手頃価格を実現することができます。


Renameのコンセプトはブランドのネームバリューではなく「服そのものの価値を再確認」し、環境にも優しいというものだそう。

お客様は値段相応ではなく、お値段以上の品質の良い服をお手頃に手に入れられるという利点もあります。



これまでも同じような方法で、廃棄になる服をリセールするサービスはあったものの、Renameというブランド名に付け替えるというのは新しい試み。

あえてRenameという名前をつけることで「この服は不良品とかではなく、もともとはどこかのブランドのものだったんです」ということをお客様に知らせる狙いがあります。


環境問題が懸念される中で「サスティナブル」や「エシカル」という言葉が注目されている昨今、このRenameのメッセージはお客様が「自分にもできることがある」と思わせてくれるものだと感じました。

→Renameのサイトはこちら←



このブログの最初に貼った写真。

これはLa Broderie Chanteで作っている本革の耳飾りなのですが、実はこの耳飾りにもある想いのもとで作られた背景があります。レザーなのに・・・?と思われるかもしれませんね。

その話はまた次のブログでお話しさせてください。

→次のブログはこちら「なぜ本革のアクセサリーを作ろうと思ったか?」


最後までお読みいただきありがとうございました!


acoco




閲覧数:17回0件のコメント