About "Luneville"

press to zoom
クロシェ
クロシェ

press to zoom
繊細な作品が生み出せる技法です
繊細な作品が生み出せる技法です

press to zoom

press to zoom
1/6

リュネビル刺繍(別名 オートクチュール刺繍)とは1800年代のフランス ”リュネビル”という街で誕生した伝統的な刺繍技法のひとつです。

木枠にぴんと張った生地に”クロシェ”と呼ばれるかぎ針のような針を使用し、

生地の「表を下にして」裏からビーズを刺していくという独特な特徴を持っています。

この技法を使うことで、オーガンジーのような薄い生地に繊細な絵を描けたり

極小なビーズやスパンコールを大量に使用することができます。

通常の刺繍針で縫うよりも正確かつ効率的に刺繍を施せるため、

長い間ファッション業界で取り入れられてきた、歴史ある技術です。

高級仕立て服を手掛けることで有名なシャネル、ディオール、サン・ローラン等のアトリエでは今でもリュネビル刺繍を用いて美しいデザインのオートクチュールを作り続けています。

時代と共にファッションは発展し、求められる表現も多様化してきている現代。

それに伴って数々の技が生み出され、新しい素材が取り入れられるため、

今でも美しくかつ表情豊かな刺繍作品を制作することができます。